Polaris -毛糸のテディベア-

扉 4 (P☆snapshots 193)

カテゴリー:★ P☆snapshots
バックナンバー:こちら
 
 
きみは、『ぼくのため』と知ったとき どう感じたの?
嫌な気持ちに、ならなかった・・?
 
 

 
 
 
 
嫌だと思ったことはないよ。
 
なぜなら、きみもレオも、
ぼくに きみと寄り添って生きることを望んではいなくて、
ただぼくがいることを 喜んでくれていたから。
その気持ちがいつも 伝わっていたから。
 
 

 
 
 
 
良かった・・*
 
ルーポ。 ぼくは、分かったよ。
『役割』も、実は、複層的に存在する人生の一部分で、
何を抱えるか、どう抱えるか、・・抱えないことさえ、選ぶのはぼく自身だったんだ。
 
 
 

 
 
 
そうなんだね・・。
 
ぼくも、分かったんだ。
あるひとが'理不尽'と言い、また あるひとが'孤独'と言い、'違和感'と呼ぶもの。
それらはきっと、同じものなんだ。
そして、希望の道を 知らせてくれるものなんだ。
 
 
 
 

 
新月の、暗く深い空。 新しい始まりの夜空。
その日が 近づいている・・。
 
 
 
 

 
 
 
たくさん 語り合おう。
重くて暗い、大切なことこそ、ゆっくりと。
 
 
 
 
 
***  ***  ***
 
 
- 気付けなかったけれど・・
 
 

 
 
 「お留守番と、
  バブルのこと よろしくね。」
 「ああ。」
 

 
 
「カズキ。 星を ・・探してくれ。」
「分かった^^☆ 東京駅で撮ってくるね。」
 
 
- 何を指しているのかも、分からないけれど・・
 
 
 
 
・・それでも。
 
 
 不思議と 見つけられる気がする。
 
 
 
 
 

扉 3 (P☆snapshots 192)

カテゴリー:★ P☆snapshots
バックナンバー:こちら
 
 
依存心を刺激しない 真摯で誠実な音楽。
捉われずどこまでも入り込んでいける 深く豊かな世界観。
 
彼の作品は、ずっと変わらない・・。
 
 

 
 
 
『fullmoon』。
あの家で見上げた 数々の満月。
 
 
 

 
 
七色のひとは、オレを 同じ'月'だと言った・・・。
 
 
 
 

 
 
オレを慕って どこにでもくっついてきた、
無邪気で人なつこい テディベアのレオニード。
 
恐れを抱きながらも、孤独に向き合おうと もがき続けていた おまえには、
既に充分に、力が備わっているのだ。
 
闇を認めて 光は放たれる。
 
どうか、笑顔で生きていって欲しい・・。
 
 
 
 

 
 
『andata』。
往復、というのか・・?
 
USBの姿でポラリスに行った後、毛糸のベアの姿で帰ろうとしたときには
さすがに恐怖を抑えられなかったが・・
必ず帰りつくのだと、必死で探し出した 強い願いが 今へと繋がっているのだから、
人生とは、不思議なものだな・・。
 
 
 
そう・・ 不思議といえば、今朝の夢だ。
庭のジャスミンに顔を近づけすぎて、ソファのへりから転がり落ちるレオニードを
なぜか、リリさんが助け上げていた。
 
 
 
・・なぜだろう。
音楽のせいか、今日はさまざまな思いが脈絡なく浮かび上がってくる。
 
 
 
 


 
  ♪~♪
 

 
 
チャイム・・・?
 
 
誰だろう。
彼らはまだ戻っていないのだが・・・?
 
 
 
 
 

async

カテゴリー:★ 日々のこと
バックナンバー:こちら
 
 
asyncとは、非同期、同期しないこと、という意味だそうです。
 
 
今年の3月末に発売された、坂本龍一さんのアルバム『async』。
ITの用語でもあり、シュンが喜んでいました^^*
 
ちょうど、直前の4月19日(水)の『クローズアップ現代+』に
坂本さんがご出演されていたことも、素敵な偶然で、
「私の今年の誕生日プレゼントにしよう・・*」と勝手に嬉しく思っていました。
 
 
 

 
 
私が本当に必要としているのは、
音楽や物語そのものよりも むしろ、
それらが浮かび上がらせてくれるもののほうなのだと、
坂本さんの音楽を聴くたびに感じます。
 
自分を取り巻く世界の捉えがたい輪郭と、
自分だけの閉じられた世界で 覚醒を待っている意識。
私には、形にも言葉にも することが難しいもの。
 
坂本さんの作品は、だから 私にとって とても大きな、大切なものです。
 
 
 
『クローズアップ現代+』で、
坂本さんにとって アルバムの中で最も愛着がある曲として紹介されていた『fullmoon』は、
私のいちばん好きな曲『The Sheltering Sky』(ピアノバージョンが好きです)の、
映画に出てくるせりふを引用していることを知り、そのことも嬉しかったです。
映画は20代の頃にビデオで一度観たきりでしたが、
「シェルタリング・スカイ」という題名と、その音楽が ずっと好きです。
 
当時、'Sheltering'とは、「覆い隠す」なのか「守ってくれる」なのか、
実際はどちらの意味を意図しているのだろう、と考えていました。
大人になった今は、きっと混在しているのだと思います。
 
 
 
元気なお姿を映像で観ることができて、安心しました。
「自分に嘘偽りなく」私も生きていきたいと思います。
 
 
 
 
 
*NHK『クローズアップ現代+』の、坂本龍一さんが出演された回はこちらです。
 
 
 
 
 

 
 

ご案内  

      1.バックナンバー
        ・バックナンバーは こちらです。
        
      2.トップページ
        ・新しい順に3記事を表示しています。その後は各カテゴリー内でご覧いただけます。
        ・どのページからも、最上部のヘッダー(レオニードの顔)をクリックして
         いただきますと、トップページへ移動します。